電話確認で、おまとめローンは会社にばれない!その理由とは。

「おまとめローンは会社に電話確認がくるのか?」

 

おまとめローンをする場合、ローンの金額が高額になりますので、金融業者は申し込んだ方の会社に電話確認を必ずします。

 

その際、金融業者であることや個人名で在籍確認をするということはありません。なぜなら、貸金業法という法律で、契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない、と決まっているからです。
つまり、電話確認はありますが、金融業者の名前を出しての確認は違法になりますので、普通は個人名を名乗り電話をかけます。

 

電話に出た方が、よほど鋭くない限り、おまとめローンを利用しているということはばれません。

 

電話確認を避けるためには?

 

金融業者からの電話確認をしてもらいたくない場合、企業へ在籍している確認書類を送るという方法もあります。

 

すべての金融業者が、このような確認書類だけで、企業に在籍していると判断するわけではありませんので注意が必要です。また、確認書類を送るという方法では少額の借り入れしかできません。
高額のおまとめローンをする場合は、電話確認をするというのが一般的になります。

 

 

銀行と消費者金融で異なる点

 

おまとめローンを申込むのは、銀行系か消費者金融系に分かれますが、電話確認の際に少々異なる点があります。

 

それは、銀行系は、特別にお願いしていない限り銀行名を名乗って電話確認をします。銀行に関しては、ローンの他に貯蓄などをするために利用しますので、おまとめローンをするということは知られる可能性は低いでしょう。
もちろん、お願いをすることで、銀行名ではなく個人名で確認電話をしてくれます。

 

まとめ

 

おまとめローンは、高額の貸付になります。金融業者も商売なので、契約者が虚偽の申告をしていないかを確認します。

 

あってはいけませんが、働いている企業を偽って申告をしますと、審査に落ちる上に金融業者からは危険人物と思われ、ブラックリストに名前が載る可能性もあります。