おまとめローンは銀行カードローンの方が有利なの?その理由とは!

「銀行カードローンでおまとめローン」

 

おまとめローンは、銀行と消費者金融の2カ所から受けることが出来ます。銀行の場合は、銀行カードローンとなりますが、銀行系からおまとめローンを受けるとどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

 

銀行カードローンのメリット

 

銀行のおまとめローンのメリットは、何と言っても低金利であり、借りることの出来る金額、つまり借入限度額が消費者金融よりも高額になるのが特徴です。
また、利用限度額の範囲内ならば何度も借入をすることが出来るという点もあります。
そして、裁量規制の対象外となる点もメリットになります。

 

この裁量規制ですが、個人の借入総額が、原則年収の3分の1までに制限されるというものです。
つまり、高額のローンを低金利でおこなうことが出来る、というのが銀行カードローンのメリットになります。
銀行系なので、業者への信頼度は高いといえます。

 

銀行カードローンのデメリット

 

銀行カードローンのデメリットは審査が厳しく、実際に貸出までに時間がかかるという2点です。
主婦や学生といった、定職についていない方では、借入が出来ないという点もデメリットといえます。

 

つまり、返済できる可能性が極めて高い方のみにしか、貸出をおこなわないということです。そして、その審査を厳重におこないますので、時間がかかります。すぐにお金が必要という場合は、消費者金融へ頼らざるを得ません。

 

 

どのような人が銀行カードローン向き?

 

これは、定職について大きな買い物をするという方に向いています。長期的に返済をしなければなりませんので、転職をすることが難しくなりますので、現在の勤めている企業に長く勤務する必要性が出てきます。
将来的に転職を希望している場合は、銀行カードローンは不向きです。

 

 

まとめ

 

銀行カードローンで、おまとめローンを利用するのであれば、低金利で高額のローンを組むことが可能です。
しかし、審査の時間が長く、厳しいのでローンを組むことが難しくなります。