おまとめローンで口座開設は必要か?口座があるメリットは?

「おまとめローンで口座開設は必要か?」

 

銀行口座を持っていないという方はいないと思いますが、おまとめローンを受けるときは銀行口座を持っている方が、手続きが簡単になります。

 

また、銀行を利用したおまとめローンの場合でも、必ずしも利用する銀行の銀行口座の開設が必要ではありませんが、開設をすると入出金が簡単になりますし、インターネットバンキングを利用して残高照会も可能となります。
つまり、口座開設は必ずしも必要ではなく、口座開設をしていた方が、メリットはあるということです。

 

銀行口座があるメリット

 

おまとめローンを利用する銀行に、銀行口座を持っていたら、以前は預金連動型というシステムを採用しており、借入れた金額から預金額を差し引いた分の金利をかけるというものがありました。
現在は終了しているので、銀行口座を開くメリットは特にありませんが、銀行ではおまとめローンを利用すれば低金利になりますので、高利で精神的に苦しむことは少なくなります。

 

また、銀行の中には口座開設がおまとめローンを利用の1つの重要な条件となっています。ローン申込みの際に合わせて銀行口座を作るのです。
その点をかんがみれば、口座開設のメリットになります。

 

しかし、メガバンク系は口座開設を必要とせずに、おまとめローンの利用が出来ます。

 

まとめ

 

銀行口座の口座を持っていない人は、開設すると入出金が楽になります。

 

銀行の提供する、おまとめローンを利用する場合、必ずしもその銀行の口座を開設する必要はありません。特にメガバンク系は口座を必要としない場所が多いといえます。
ネット銀行の中には、口座開設がおまとめローンを利用する条件となる場所もあります。

 

銀行でローンをまとめた方が、消費者金融を利用するより金利が安くなる点以外、銀行口座を持っているからといって、現在のところ特別なメリットはありません。
おまとめローンのメリット、デメリットを知って、無駄なく利用することをお勧めします。