おまとめローンにある厳しい審査基準!NGになる4つ基準。

「おまとめローンの審査基準は厳しいのか?」

 

おまとめローンの審査基準は、通常のキャッシングと比べますと、かなり厳しく設定されています。複数のキャッシングを一本化してローンをスッキリさせたいと考えても、この厳しい審査基準を突破しなければいけません。
では、審査基準としてどのようなものがあるのか、金融機関は何を重視しているのかを見ていきましょう。

 

勤続年数が足らない

 

企業へ入社、もしくは転職をしてすぐは、勤続年数が足らないと、おまとめローンの審査基準を満たさず、即座にNGになります。

 

どのような大企業へ入社しても、数年は勤め信頼を得なければなりません。

 

事故者

 

これは、交通事故ではなく、過去にローンを組んで返済が出来ずにトラブルになってしまった人は、ブラックリストに名前が載りますので、おまとめローンの審査に落とされます。

 

ブラックリストは7年から10年で名前が消えますので、その後に、おまとめローンの審査に臨みましょう。

 

短期間に複数のおまとめローン申し込み

 

おまとめローンの審査に落ちるかもしれないと思い、短期間に複数の金融機関へおまとめローンの申し込みをしますと、審査基準を満たさない可能性が高くなります。

 

複数の金融機関へ申込をしたという情報は、業者の中で共有化されますので、ばれてしまいます。

 

他社借入件数が多い

 

複数の金融機関からお金を同時に借りているということです。目安としては5件以上になりますと、おまとめローンの審査基準に満たなくなります。

 

これは、金融機関1社から高額の借入ができない、つまり信用がないと判断されるのです。

 

まとめ

 

今回紹介した4つの審査基準ですが、これに満たなければ、おまとめローンの審査をパスすることはできません。
また、貸し出しの審査基準をパスしたとしても、コンピューターが採点によって、いくらまでなら貸出が可能なのかという限度額の審査があります。

 

嘘をついてもばれてしまい、ブラックリストに載ってしまいますので、ローンは計画的にしましょう。