おまとめローンでは、絶対に必要になる収入証明書ってなに?

「おまとめローンで必要な収入証明書とは」

 

収入証明書とは、所得証明書とも呼ばれますが、基本的におまとめローンを申込むときに提出する必要のある、自分自身の収入を公的に証明する書類です。

 

源泉徴収票、給与支払明細書、特別徴収税額の通知書、課税証明書、確定申告書

 

などがあります。

 

課税証明書と確定申告書は自営業の方がおまとめローンを利用する際に必要となります。

 

もっとも必要な収入証明書は、源泉徴収票です。

 

おまとめローンを利用する場合は、収入証明書が必要になることが多くありますので、事前に用意をしておかなければ、即日融資の場合でも申込むことが出来なくなります。

 

収入証明書が必要ない場合

 

収入証明書が必要ない場合でも、融資を受けることが可能です。しかし、少額の融資になり、高額の融資を受けたいという場合、収入証明書の提出を要求されます。
おまとめローンを利用する場合、高い確率で高額の融資となりますので、収入証明書の用意を必ずしなければなりません。

 

早く融資を受けられる収入証明書は?

 

早くおまとめローンを利用したい場合、給与支払明細書を用意しておくといいでしょう。
ただ、消費者金融の中には、数か月分の給与支払明細書の提出を求めるところがあります。
そのため、事前に調べておく必要があります。

 

次に、源泉徴収票です。年末に出されるものですが、保管をしていなければ再発行を勤め先に依頼をしなければなりません。そのような場合、1日での再発行はできませんので、即日の融資という諦めた方がいいでしょう。
3番目は課税証明書です。市町村役場で発行をしてもらえますので、給与支払明細書や源泉徴収票を処分してしまった方は、課税証明書がいいでしょう。

 

まとめ

 

高額の融資が必要なおまとめローンを利用する場合、必ず必要となる収入証明書。給与支払明細書や源泉徴収票、課税証明書が支払明細書となります。

 

少額の場合は、必要ない場合がありますので、それは事前に調べておきましょう。